MENU

わきがの臭い対策は?生活習慣?タバコは?薬は?手術は?

わきがは強烈な刺激臭が特徴です。

 

その臭いは自身では気づかないことも多く、知らないうちに周囲の人を不快な気分にさせていることも。

 

日本人のわきがの割合は10人に1人と言われていますが、軽度の方であれば、制汗剤や塗り薬で臭い対策をすることができます。重度のわきがの方にも様々な対策がありますので、今回はそれらをご紹介したいと思います。

 

生活習慣の見直しでわきが対策

わきがの臭いは、アポクリン腺から出される汗が、皮膚についている菌に分解されることによって発生します。

 

そのため、汗の量が多いと、菌に分解される頻度も増えるので、臭いがきつくなると言われています。

 

日頃から汗をかかないためにどのような対策ができるかというと、

  • タバコを吸わない
  • 刺激物を食べない
  • 規則正しい生活を心がける

などが挙げられます。

 

特にタバコに含まれる成分は発汗作用があり、タバコとわきがの臭いが混ざって、さらに臭いがひどくなるので、わきがの方はタバコを止める方がいいでしょう。

 

塗り薬・飲み薬でわきが対策

ドラッグストアなどにもわきがの臭い対策に効果のあるものが販売されています。

 

軽度のわきがの方には、制汗スプレーやクリームタイプの制汗剤で効果が得られると思います。なかでも「塩化アルミニウム」配合のものは効果が高いと言われています。

 

また、現在は保険適用されていて、わきがの改善に効果がある「プロバンサイン」という飲み薬も処方されています。しかしこちらは副作用として、口や目のかわきが出ることが多いので服用には注意が必要です。

 

手術で根本的な治療も!

わきがの臭い対策として、一番効果がある方法は手術してわきがの原因になっている汗腺を取り除くことです。

 

切開する場合は手術跡が残るため、気になる方が多いかと思いますが、わきの下から管のようなものを通し、汗腺を吸引する手術方法もあり、こちらは手術跡が目立ちにくいです。手術の値段の相場は10万〜と言われていますが、効果もはっきりと出ますので、重度のわきがの方は一度病院で相談してみるのもいいかもしれません。

 

まとめ

今回はわきがの臭い対策についてご紹介しました。

 

わきがが気になって、行動やファッションが制限されるのはもったいないですし、ぜひ自分に合う対策を見つけて、改善していきたいですね。